1. Home
  2. 社長ご挨拶
 社長ご挨拶

子供達が輝けば きっと世界はよくできる

先代である父が「熱中して遊べる遊具」探しの末に安田祐治先生に出会い、安田式遊具とその指導法を1人でも多くの子供達に届けるために弊社が誕生したのは、平成7年のことでした。

ちょうどその頃、阪神淡路大震災という未曾有の災害を経て神戸で就職活動をしていた私は、「人生何が起こる分からない。それなら自分の人生の時間を、どこで誰のために何のためにどう使うかが大切だ」そんな想いに駆り立てられました。
学生時代に応援団に所属しエールを送ることの力を信じていた私は、父の想いに共感し、創業する会社を「エール株式会社」と名付け、迷い無く入社しました。カタログもお客様もないゼロからの出発でしたが、子供達、先生方に喜んでいただくために出来ることが日々増えていくことがやり甲斐で、あっと言う間に今を迎えたように思います。

あれから23年が経ち、父も安田先生に出会った頃の先生の年齢を迎え、父が元気なうちにという想いで2019年12月に代表取締役に就任いたしました。
今では全国のたくさんのお客様と、同じ志を持つたくさんのスタッフに支えられています。安田先生が生涯をかけて研究された安田式遊具とその指導法は、”安田メソッド”として全世界で通用する著作権も取得し、志を継ぐ者達で確かな実績を積み重ねて更に進化を続けております。

しかし、残念ながら子供達を取り巻く状況は創業当時よりも決して「良くなった」とは言えず、悲しいニュースも後を絶ちません。……それでも、子供達は変わってしまったわけではありません。時代は変わっても、子供はいつの時代も変わっていません。全国各地の園や学校で、仲間との”熱中できる遊び”を通じて、子供達が本来持っている生きる力を発揮して瞳を輝かせている姿に触れる度に「大丈夫」だと安心し、嬉しくなります。最近では、子供達からも私達にエールを送られているような気持ちにさえなります。

”安田メソッド”をはじめとする“楽しく熱中できる遊び”をお届けすることで、次世代を担う子供達の心と体を健やかに育むためのお手伝いをさせていただければ幸いです。
子供達と、子供達を育まれる全ての先生、ご家族に、心からの”エール”を送り続けますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

エール株式会社
代表取締役 居関 和江

こんな子供を育みたい

  • 手に「がんばりまめ」を作ってたくましく遊ぶ子
  • 転んでも手がつけて、すぐに立ち上がれる子
  • 自分で自分のやりたいことを見つけられる子
  • 友達と一緒に力一杯汗を流し、その楽しみを共感できる子
  • いじめるより、いじめを止められる子
  • 出来ないと諦めるより、出来るまで努力をする子
  • 大きな夢を語れる子

エール株式会社はそんな子供を育みたいと切に願い、安田式遊具やKAPLA(カプラ)をはじめとする子供達の成長にとって本当に良いものをお届けしています。

▲(左)会長 吉川靜雄/(右)社長 居関和江