1. Home
  2. 安田式遊具とは?
 安田式遊具とは?

 「安田メソッド」長年の実践研究により
   指導法の確立された移動式遊具

安田式体育遊び指導法と安田式遊具は、教育者で幼少年期の遊びや体育、運動に精通し、実践と研究を続けられた安田祐治氏により考案され現在の形に確立されました。
訓練的指導でなく、こどもが熱中出来る体育遊び、運動遊びという概念を提唱され、これまで1000を超える幅広いジャンルの体育遊びの指導法と数々の遊具、器具が生み出されました。
その研究と実践には自身が器械体操の選手であった時代、小学校教諭、校長時代からこれまで約75年の研究の積み重ねにより生み出された体育遊びのプログラムです。
その内容は、体力や技能を向上させるために訓練的に行うものとは違い、日常の遊びの中でお友達と一緒に楽しみながら、全身を巧みに操れるようになる為の活動です。
その結果高い共感性、社会性に加え子供の安全能力(自分の身を自分で守るためのとっさの判断や身のこなし)の向上も実現するものです。
担任の先生が日常的にこども達と楽しく熱中し活動する中で、安全能力の向上と技能の向上をも効果的に促せる体育遊び教育プログラムです。

 運動遊びで脳が育つ

転んでも手が出ない、足の土踏まずの未発達、体温の二極化、腰椎の異常。近年、駆け回れる自然・遊び場・時間・仲間が少なくなった環境の変化を受け、子供達の身体に顕著に異変が現れてきました。
人の活動や感情は全て脳の働きによるもの。子供達の体力低下も、脳の発達未熟と偏った発育の結果がもたらしています。脳を正常に発達させるためには楽しく身体を動かし、毎日が活動的であることが最も効果的です。熱中出来る遊びは、人間の成長において必要不可欠なのです。

「安田メソッド」テクノロジーとロマンの結晶

安田式遊具は、時代や環境の変化と共に変わっていく子供達が、元気でたくましく成長して欲しいという願いから誕生しました。考案設計者である安田祐治先生が、60年以上子供と接し続けながら積み重ねられた研究と実践の成果が、一見シンプルな遊具の細部にまで込められています。そこに子供の活動を妨げる要素、無駄な構造はありません。

 得意な子も、苦手な子も、自ら遊んで熱中出来る。
 やってみたい、もっと出来るようになりたいと思える。
 友達同士お互いを意識し合って、共感し合える。
 運動遊びが大好きになる。

「安田メソッド」に込められたテクノロジーとロマン。
その結晶ともいえるのが、安田式遊具の代表的シリーズ「テクノロマン」です。

安田式遊具には、子供たちの様々な動きと興味を引き出せるように、それぞれの遊具に共通した4つの特長があります。それらは一見ささいな事のようですが、子供達の遊びと運動発達に大きな効果をもたらします。
晴れた日は太陽の下、春は咲き誇る桜の下、日差しの強い日や雨天時は室内に。 季節や天気、園庭の事情に応じて自由に配置でき、子供たちも普段の運動遊びに新鮮さを覚えます。
鉄棒やブランコを円状や対面に配置にするとたちまち群れ遊びが始まり、顔を見合わせながら、一緒に揺れながら、共感の経験を味わえます。使わないときは片付けて園庭を広く利用。20人分の鉄棒も一か所にまとめて片付けられます。

移動式ですが、安定感が抜群です。安定感は安全の基本であり、大人数での群れ遊びに必須の要素です。


遊びやすさはもちろん、冒険心、集中力を最大限に引き出せるよう、あらゆる枠の長さ・幅・太さにこだわりました。 鉄棒の幅広シャフトは、友達と一緒にならんで遊ぶ楽しさを教えてくれます。雲梯の幅の広さは渋滞知らずで、出来る子も出来ない子も自分のペースで楽しめます。登降棒やジャングラミングの少し広めの枠間は遊びに緊張感を与え、様々な動線から遊びを引き出します。

子供達が言葉にしやすく、識別しやすい原色を採用。安全性の確保と活動意欲の増進効果があります。色によって高さの違う鉄棒で、目当ての鉄棒がすぐに選べたり、雲梯の二本飛ばしも目当てをもって楽しめます。また、指導者の指示も的確になります。